本気のptsd克服メソッド|タフ精神チェンジング

TOPICS

心理ショックの怖さ

メガホンを持つ医者

ptsdとは心的外傷後ストレス障害の略称で、日常生活で考えきれないほど急な状態に陥った時に脳がそのショックを記憶することで起こる様々な心理的症状です。日常生活が難しくなることもあり、心理カンセリングなどで治療をします。

詳しく

治療の方法

頭を押さえる女性

ptsdはレベルや種類によって治療方法を変えることが大切です。例えば認知行動療法等はptsdを引き起こした直接的な原因に繋がるワードなどを言葉にしたりまた別の視点で見ることで脳の処理を高めます。

詳しく

動物と触れ合う

人間社会で動物が活躍する場面は限られています。ですが近年では動物と人間は密接な関係にあり、様々な状況において動物が行なう役割は大きいと言われています。例えばptsd等の心的外傷後ストレス障害を引き起こした時は様々な治療方法を用いて克服できるようにします。いくつか方法があり、ほとんどの方がこれら方法で克服することが出来ます。ですが中にはあまりにも強いショックを受けたせいで心を閉ざしてしまい、言葉を発することさえ脳が制限してしまう状況もあります。ptsdを克服するためには人に話し、ショックの内容について見つめることが大切になります。しかし重度になるとこの方法も役に立たないことがあり、こういう時に有効な方法がアニマルセラピーです。

アニマルセラピーはまだまだ日本では浸透していないセラピー方法の1つです。名前の通り動物(主にペット)を用いたセラピーで、動物と接することで心理的閉鎖を解くことが期待できます。日本では珍しいセラピーですが、外国では一般的な方法であり、多くの動物達が活躍しています。アニマルセラピーの魅力はptsdの克服だけではありません。お年寄りや脳障害を持つ方に対しても脳の活性化に繋がる研究結果があります。この結果に対し科学的な解明はまだまだ十分には判明していません。しかし動物が人に与える影響は大きく、ptsdでこれまで言葉が発せなかった方が日常生活レベルまで回復するという事例もあります。ptsdは日本でも数多くの発症者が存在していると言われていますが、その報告数はあくまでも統計的データと症例数のデータから見たおおよその数です。実際にはもっと沢山いると言われており、その克服の機会を作ることが社会的に求められています。ptsdは1人で克服出来るものと、そうでないものが極端に分かれます。社会と閉ざされ復帰できない方も多く、その方たちにもう一度社会復帰のチャンスを与える事は課題とも言えるでしょう。心療内科などの数も多くなりつつありますが、アニマルセラピーなどを知って、ptsdの克服治療がやりやすい環境に自ら行なうことも重要です。

TOPICS

医薬品による治療

笑顔の医者

ptsd治療では薬物療法も用いられます。強いショックで日常生活が困難な方に対しては抗不安薬などを与え、緊張を解きながら脳への処理プロセスを高めていくことになります。

詳しく

グループ療法の魅力

鉄の足かせ

ptsdの治療の方法としてグループ療法があります。グループ療法は治療の効果が高いと言われており、同じ体験をしている方が集まることで治療に対する心理的警戒を解くことも出来ます。

詳しく

注目記事

克服への道

女性医師

ptsdを克服するためには専門の治療を行なうことが大切ですが、自分の考え方を変えてみることも大切です。人に話すことで記憶は消化され、重要度を分散させることが出来ます。

もっと